Calender

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -

使い勝手のいい動線

 

玄関ホールから廊下にかけての間取りを写真で説明致します。

まず玄関正面には大きな3段のニッチと、左側は手摺兼用の棚板があります。

あら!こちらのお家のかわいいちびちゃまです。

 

ニッチの裏側は、洗面脱衣室とウォークインクローゼットにつながっています。

奥がウォークインクローゼット。

左側入口が洗面脱衣室です。

来客からは見えにくいよう廊下の奥にあります。

WICは1.5畳の広さ。ここに服を収納すれば、朝の身支度が全てここで整います。

 

洗面脱衣室はコンパクトにまとめられています。正工務店ではほぼ100%のお家に取り付けている洗濯機上の棚板が今回も便利とご好評でした♪

玄関ホールから続くろうかからは、LDKへ続くドアと2階への階段があります。

階段の踊り場を利用した収納スペース。

デッドスペースも有効活用しています。

 

完成後

 

奥様の夢がつまった、間取りが自慢のお住まいです。

 

外部・内部完成後の写真を紹介いたします。

 

 

キッチンのペンダントはシンプルな色使いでかわいらしいフォルム。

モダンな空間を大人可愛く演出しています。

基調は全て白でまとめ、床はウォルナットの濃いこげ茶色で引き締めました。

 

 

 

 

 

 

 

熊本地震に学ぶこと 〜地震に強い家〜

 

家族の手形が棟木から見守るなか、着々と進行中のZEHの家です。

 

↓こちらはモイスTMという耐力面材を施工中です。

 

 

モイスTMについては以前書いたこちらのブログをぜひご覧ください。

商品のHPはこちらです。

 

モイスTMはバーミキュライトという粘土など(天然成分)を焼成したセラミックです。
* 接着剤が使われていないので湿気に強く、耐久性が非常に良い。
* セラミックだから燃えません。
* 呼吸性もあるので、壁内での結露も防いでくれます。
* とっても硬いので、強い耐震性を発揮(壁倍率2.7倍)

 

などの特徴があります。

 

壁にはこのモイスTMを構造上の耐力面材として使用していますが、

 

さらに、構造用合板(24个發靴は27个諒厚い合板)を1階と2階の床にも使用しています。

 

最近は多くのビルダーで標準化されてきましたね。

 

こうすると家はサイコロのような箱型になり、一体化されるため地震に強い家になります。

 

床に使用する構造用合板は耐力計算には入りませんが、構造用合板を使った床は剛(ごう)=剛床(ごうしょう)となり、倒れにくいといわれています。

 

最近購入したこちらの本にも「剛床」の家は倒れにくいという記載がありました。

 

 

東日本大震災に続き、熊本地震の発生と地震大国であること思い知らされる昨今です。

 

昭和56年に新耐震基準法へと改定されたあとに建った家も、熊本地震では倒れてしまったという事実。

 

耐震基準も見直されるべきという声があがっています。
 

制震や、免震という方法もありますが、コストがかかります。

 

正工務店では、建物を剛にする耐震で地震対策を行っていきます。

 

 

 

 

ZEHの家 補助金申請中

 

現在2棟のZEH(ゼッチ)=ネット・ゼロ・エネルギーハウス住宅の補助金を申請中です。

今回、正工務店初のZEH仕様の家への取り組みとなり、申請が通るかどうか心中ドキドキです。今月末に結果が出る予定ですが、それまで私の心臓は持つのだろうかというほど毎日心臓がバクバクしております。

 

 

 

 

 

ZEHとは、ものすごく簡単に言うと「光熱費が安くなる家」です。

 

エアコンや換気扇、給湯器が使うエネルギー(電気)を太陽光パネルによる発電で補おうという考え方です。

 

そのために、効率のいいエアコン・換気扇・給湯器などを設置し、断熱性を高めることが必須になってきます。

 

正工務店では、外断熱塗り壁工法による外張り断熱に屋根断熱・床断熱をプラスし、今回申請した2棟の住宅では、外皮平均熱還流率0.48の断熱性能を達成しています。

 

正工務店が初めて取り組んだこのZEH=ネット・ゼロ・エネルギーハウス。

 

このZEH補助金が通れば、全国でも高いレベルの断熱性能の家と言ってよいと思います。

 

今月末の申請結果がでるまで、いてもたってもいられずブログを更新した次第でした。

(お願いとおって〜)

 

土壁風の外壁塗り壁


月見が丘にてお引き渡しを終えたばかりのH様邸。

外観のアクセントとなる玄関前の独立した壁の施工を紹介致します。

お家の顔ともなるこの壁には、十字の開口を設けてアクセントにしました。


そして、仕上げはドイツ生まれのSTO塗り壁材。
上の写真は、塗り壁をする前の下地の状態なので真っ白です。


塗り替えの手間がいらず、汚れにくい素晴らしい塗り壁材です。
アクリルベースに大理石が入っているので、弾性があるのに硬く、クラックが入りません。

こちらが塗る前のお打合せの様子。


最終的な塗パターンをお施主様と打合せしました。

真剣に塗り方を悩むH様ご夫婦と私。


職人さんが丁寧に手作業で塗りあげ、完成したのがこちら!

塗る前に比べるとすごくお家が引き締まりましたね!

土壁っぽい、和の雰囲気がよくでたと思います。

H様にはお家の完成まで、たくさんのお打合せにお時間をいただき本当にありがとうございました。
まだお引っ越し後のお荷物の片づけが大変だと思いますが、無理ならさならないようくれぐれもお体に気を付けてくださいね。

こちらのお家は外構工事も正工務店にて施工中です。

外構が完成すると、住まいは本当に素敵になります。
楽しみですね!

家族の真ん中にキッチンがある家



実は月見が丘にある高台の家と同時に施工中の桜ヶ丘町の平屋のお住まいを紹介します。
慌ただしさから初めてのご紹介となる現場です
kyuもうすぐ完成してしまう前にアップしていきたいと思います。

施工途中の桜ヶ丘現場です。

床材にウォルナットを使っています。
家具によく使われる高級な木です。


アール形状の下がり壁が外部にも内部にもあり、アクセントになっています。

モダンな中に、ヨーロピアン風の照明器具やカーテンを配した大人かわいい空間になる予定。

間取りは、キッチンを中央に配した、平屋の広々したお家です。
3人のお子様がいるT様、お子様達の様子がいつでもわかるようにと、間取りに工夫しました。



近年の正工務店ではまれな2棟同時着工。

私にとっては初の出産後の子育てと重なり人生最大の試練となりましたが、正工務店全員にとっても試練の連続でしたkyu

社長の正も母も事務員さんも、娘のちかの面倒をサポートしてくれつつ、私の夫は家事をサポートしてくれつつ、兄の亮は不動産部門の管理と現場の管理を兼ねながら、みんなでなんとか乗り越えているところです。

そして

4月から保育園に行き始めたのに、風邪っぴきで事務所のベビーベッドに連れてこられた娘です


9か月でようやくつかまり立ちし、来客の方に「はーい!」とタラちゃん風に声をかけるようになりました
38度の熱でも笑顔でいる娘のちか。
早く元気になってほしいんですけどネ!(;O;)


この子がお腹にできてからというもの、正工務店は大忙しな気がします。
「ちかちゃんがあの笑顔で福を呼んでるんじゃないですか?」
と、今日、月見が丘のお客様におっしゃっていただきました。

杉材の床、手洗いカウンター付のトイレ


久しぶりの更新となりました汗

寝る前に気力があったので、エイヤ!とパソコン開けて書き始めました。

最近施工中のブログ報告がなかなかできないのですが・・・

1月末に月見が丘で上棟を迎えたお家が遂に完成、お引渡しとなりました!
床に杉材を使い、あたたかみのある優しい空間になりました。




収納がものすごく多い、お施主様こだわりの間取りが自慢のお住まいです。

今回はトイレだけご紹介します。

設置したのはTOTO タンクレストイレ ネオレストです。

お掃除のしやすさが決め手でした。


手洗いカウンター付です。

お施主様が支給された黒色の手洗いボウルにあわせて、タオルバーと水栓金具、取ってをコーディネートしました。
H様が最終的に気に入って決めたアクセントクロスがまたかっこいいですね(*^_^*)





 

高台の家 〜家具工事〜


先日待ちに待ったキッチンカウンター下の家具が完成し、施工を行いました。
お引渡し後の施工となり、お施主様を大変お待たせしてしまいましたがとってもいい仕上がりになりました!

取り付ける前はこういう形でした。
窓下のカウンターと、キッチン前下のカウンターは同じ高さでL型に加工しています。
この高さは、K様がお持ちのダイニングテーブルと同じ高さにあわせてあります。


↓ダイニングテーブルの延長上にカウンターがあるので、フラットに使いやすくなっています。


施工中の様子

今回も良い仕事をして頂いた職人さんに心から感謝です。



K様のセンスが光るフラワーインテリアがとっても映えますね!

 

高台の家 〜リビング・玄関編〜


年末にお引渡しを終えたK様邸です。

 
高台に立つすてきなお家になりました。
建築中の二階からの景色。いい眺めですね〜(*^_^*)


〜玄関〜


正工務店では玄関の定番になっている、手摺兼用の棚板です。
少し手をついたり、鍵を置いたりするのに便利です。普通の手摺だと、いかにも介護な雰囲気がでてしまいますがこれなら見た目も実用性もいいと評判です(*^_^*)



照明器具は、本郷北方モデルのものを気に入って頂き、同じものをいくつか採用しました。(*^_^*)


〜リビング〜





床にはAグレードのバーチ材を使用しました。
あたたかみがありながらすっきりした表情があります。

キッチンの横にあるインターホンと給湯リモコンは邪魔にならないようへこませて施工。

お引渡しには正工務店のニューフェイスもお邪魔させて頂きました。
やっぱり無垢材は赤ちゃんも気持ちがいいみたいです(*^_^*)

一応女の子です・・・


 

ホワイトで統一したキッチン


先月お引渡しを迎えた南欧風のこちらのお家。
只今外構工事中です。
カーポートや駐車場もできて、お庭の土が入りました。


玄関にはポストがつき、更にお家の雰囲気がでてきました。


こちらはクロスほぼ内部完成間際の写真です。



床材にはAグレードのカバを使用しました。
上品できれいな木目です。

キッチンカウンター下の収納は扉がついてこんな風になりました。


キッチンは、コンロの横にも収納カウンターがついた珍しい形。
白で統一したステキなキッチンです。

食器は手洗いされるということで、食洗機はつけませんでした。
その分収納がたっぷりのキッチンになっています。

今回は、背面収納にも、食器棚を設けずにすべて引出の中に食器をしまうレイアウトになりました。
コンロ横のカウンターの下にはごみ箱が収納できるスペースがあります。

キッチンのレイアウトを考える時には、ごみ箱スペースをどう確保するか、大事なところですね。

カウンター収納の奥には、階段下を利用した1畳ほどのパントリーがあります。


階段下を利用しているので、奥の方は枚数が少なくなっていますが、それでも結構な量が入りますね!

ストック用品や雑貨を収納するのにとても便利です。

玄関には、手摺兼用の棚板と

機能的な玄関収納があります。


玄関正面には80cmほどの正方形をした大きなニッチ。

何を飾るか楽しみですね(*^_^*)

そしてこの壁の奥には、1.5畳のウォークインクローゼットがあります。
このクローゼットのすぐ横に洗面所があるので、毎日着る服はここにしまっておけば
毎日の動線が楽になります。


1階の洗面所のそばにウォークインクローゼット、キッチンのそばにはパントリーと、
収納を提案させて頂くことが正工務店では多いです。
欲しいところに欲しい収納があると毎日の生活動線や整理整頓が楽になりますね。