Calender

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -

H様邸 〜外壁 塗り壁仕上げ〜


新築構造見学会 外張り断熱&地震に強い家 

本日無事、終了致しました!

お越し頂きました方々、大変ありがとうございました。

また、お打合せのお申込みを頂きましたY様、これから心を込めてお打合せさせて頂きます。
どうぞよろしくお願い致します。


さて、本日は外断熱塗り壁工法の仕上げ工事を行いました。




前回はこのような状態でした↓


アップしてみますと、


このようになっています。

外断熱パネルをワッシャーという上のような部品で、押さえつけている状態です。

パネルのつなぎ目や、ワッシャーの部分に凹凸があるため、ここに下地になるベースモルタルを塗って平らにした状態がこちらです↓


これで表面の凹凸がない状態になりました。
それから、ファイバーメッシュをベースモルタルで塗り込んでいきます。
ファイバーメッシュというのは、下の写真で職人さんが持っている黄色いヒラヒラした布のようなものです。


こちらの職人さんは、左官材を塗り始めて10年のベテランさん。
親子でやってらっしゃり、下の方が息子さんです。

この下塗り作業により外断熱パネル(EPS)がファイバーメッシュで一体化されます。
さらにこの上から仕上げ材となる、水性アクリルベースに天然石が配合された塗り壁材を塗ると、外壁の完成です。

外断熱パネル(EPS)の上に直接塗り壁仕上げをする工法は、世界中で採用されています。




外張り断熱材(EPS)と、仕上げの塗り壁材が一体化することにより、このように曲げても折れない弾力性が生まれます。
これだけ曲げても、表面の塗り壁仕上げにヒビが入りません!

ちょっとやそっとの揺れや家の動きで外壁材にヒビが入ることがありませんので、外壁から水が染み込んで家の大事な柱や土台を痛めることがありません。

弾力性はありますが、骨材として天然の石が入っていますので硬さもあります。
硬さと弾力の両方があわさっているので強いのです。

サイディング外壁材のようなコーキング(つなぎ目)もないため、見た目も美しく、劣化したコーキングの隙間から水が入り込むこともありません。

再塗装の必要がない外壁仕上材ですので、将来のメンテナンスコストも軽減されます。

日本ではまだ、珍しい工法となりますが、欧米では当たり前に取り入られている工法です。

会場では分かりやすく、模型を使って説明させて頂きました。


 左 サイディング外壁材の家        右 外断熱塗り壁工法の家
 

構造見学会は本日のみでしたが、
工法についての説明はいつでも可能ですので、
お気軽に弊社までお問合せください(*^_^*)

 

スポンサーサイト

It comments.