Calender

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< March 2020 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -

長持ちする家にする工夫 広小舞

 

広小舞(ひろこまい)をご存じですか?

建築の教科書なんかにでてくるこういう図面に必ず書いてあります。

はい、ここテストでますよ!ここ!(実際に建築士試験によくでます)

 

最近、この広小舞の部材を使わないところが多いようなのですが

 

正工務店ではここ、真面目に施工してます!

 

上の図だとわかりにくいので簡単に絵にするとこんな感じ。

この広小舞の部分に雨どいから跳ね返った雨があたって、結構傷むのです。

 

この部分が、屋根下地の合板をそのまま伸ばして張り出したり、逆に鼻かくしを上まで伸ばして合板負けにしたりしている納まりが、多いようです。雨は上から下に流れますので、万が一のためやはり広小舞が上にきた方がいいと思います。

 

合板は水にめちゃくちゃ弱いので、将来必ず傷んできます。

 

正工務店ではここに、注入材を使用しています。

 

 

 

完成したら、絶対誰も分からないところですし、雨どいに隠れて傷んでもわかりにくい場所ですが、家が長持ちするためには大事な部分だと思います。

 

 

 

 

スポンサーサイト

It comments.