Calender

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -

気密工事

 

阿波岐原での長期優良住宅では、気密性をとるためにどんな方法がよいのか、

 

コスト面も施工的にも一番良い方法を考えた結果

 

今回は、桁上に面材をはる方法を採用しました。

 

これは下から見たところでよくわかりませんが、

 

上から見るとこんな感じです。

ぴたっと、隙間がないでしょ??

 

お客様には関係ないのですが、大事な大事な大工さん達の工事中の安全性も確保できます。

〜施工中〜

 

いつもは屋根のラインを断熱・気密ラインとすることが多いのですが、

 

写真のような桁上を気密ラインとすることで小屋裏の空気を小屋裏換気で動かすことができます。

 

これは天井面に関してですが、外壁側はいつもどおり耐力面材によって気密性を確保しました。

耐震面材 あんしんパネルを使用しています。

 

壁、床ともに面材を使用しての気密性を確保し、隙間は徹底的に気密テープやコーキングで処理して

 

結果、施工中の気密試験ではC値 0.3c/屐,箸箸討發いた字がでました!

 

※一般的に、C値 1c/岼焚爾世塙盖ぬ住宅と言われます。

 

 

スポンサーサイト

It comments.